MARLMARL recommend OUTER STYLING スタイリスト徳永千夏さんが指南!一枚あればOKなMARLMARL万能アウターはこう着る MARLMARL recommend OUTER STYLING スタイリスト徳永千夏さんが指南!一枚あればOKなMARLMARL万能アウターはこう着る

WHY LONG-TIME USE?

子ども(特にベビー期!)のアウターは、せっかく買ってもそのシーズンしか着られずもったいないと思うことも。
せっかく気に入って用意するアウターだから、成長に合わせて調節しながら長く愛用したいですよね。
MARLMARLが、その「欲しい」を作ってみました!

point.1

LONG YEARS

年齢ロングユース

1 year old →
4 years old

歩き始めの1歳さんは袖口を折って。公園でもパワフルに動き回る4歳さんは袖口を伸ばせばジャストサイズに。
シルエットのポイントは、ゆったり肩が落ちたラグランスリーブなところ。肩のラインがはっきり出ないので、体のサイズに関係なくきれいなシルエットが出せるのです。またラグランスリーブにすることで、子どもたちの腕が上がりやすく動かしやすいというメリットも。キッズ目線のデザインとしても優秀な形状です。

point.2

LONG SEASON

季節ロングユース

September →
March

朝晩少し肌寒くなってくる秋は、ライナーをはずしてライトに羽織る。
寒さが本格的な冬には、着込んだ上にライナーを付けた状態でしっかり防寒。
ライナーはリヨセル素材でコットンよりも軽量の再生繊維。滑りが良く着やすいので、アウターモコモコになるストレスを与えません。子どもの体温調節はこまめにしてあげたいからこそ、もちろん外側のウール素材がしっかり体を保温します。

HOW to CHOOSE the Outfit?

MARLMARLのアウター
スタイリングのポイント

実際、どうやって合わせたらいいの、、、?都会的なスタイリングで雑誌や広告で大活躍のスタイリスト徳永千夏さんに、どんな着回し方があるのか、
スタイリングとともにコツを聞きました!よちよちベビー期、元気いっぱいキッズ期、それぞれのポイントをCHECK!

marlmarl outer stylist スタイリスト 徳永千夏さん

スタイリスト 徳永千夏さん

小5&年長の姉妹の母。子ども服にまつわるリアルで豊富な知識を生かし、大人のためのカジュアルスタイルの提案はもちろん、キッズファッションの企画も数多く担当。雑誌LEEなど各媒体で引っ張りだこの人気スタイリスト。

FUN! LONG TIME! FUN! GROW UP!

OUTFIT_girls

#beginning_of_autumn

0-1 girls beginning of autumn outfit clothes
3-4 girls beginning of autumn outfit clothes

Stylist's
Point

ポイントはワンピースの着回し。秋には夏に活躍したワンピースを、冬には来年も着られるデザインのジャンパースカートを。アウターだけでなく洋服も長~く着ちゃいましょう!ワンピースの素材は丈夫なコットンのものを選ぶと季節を長く使えます。インナーには差し色として綺麗色を挟めば写真映えもGOODですよ。

OUTFIT_girls

#mid_winter

0-1 girls mid winter outfit clothes
3-4 girls mid winter outfit clothes

Stylist's
Point

冬でもアクティブに動く子どもたち。マフラーやウールの帽子、ハイカットシューズなどの小物で防寒を意識したら、お洋服は冬でも「動きやすい」が正解。もこもこしがちな冬コーデも、公園でいっぱい遊べるように、薄手のものを重ねていくほうが調節しやすくて子どもも嫌がりません。ゆったり着られるサロペットは、女の子にもおすすめです!

OUTFIT_boys

#beginning_of_autumn

0-1 boys beginning of autumn outfit clothes
3-4 boys beginning of autumn outfit clothes

Stylist's
Point

夏に履いたハーフパンツを合わせるカジュアルコーデが◎。アクティブで動きやすいハーフパンツも、ブラックウォッチ柄や落ち着いたアースカラーを選べば秋らしく上品にまとまります。中には半袖のTシャツを着ておけば日当たりのいい公園で汗ばむときにも対応可能に。足元は、夏サンダルからスニーカーにチェンジするだけ!

OUTFIT_boys

#mid_winter

0-1 boys mid winter outfit clothes
3-4 boys mid winter outfit clothes

Stylist's
Point

寒~い冬でも元気すぎるボーイズのアウタースタイリングポイントは、やはり重ね着。外遊びの時に最初から薄着をさせすぎても寒くて動けないですし、やはり「段階的に」薄着にしたり暖めたり調節できるアウター選び&スタイリングがおすすめです。自分で着脱しやすいボタンなどのアウターを選んであげて、遊びながら自分で「脱ぐ」「着る」を判断していくことも大切ですね。

キッズコーディネート Q&A

徳永さん教えて!こんなときどうする?

Q
アウターを長く着るためのケア方法を教えて!
A
MARLMARLのアウターのようなウールの混紡生地は、毛玉にもシワにもなりにくく、長く着たいキッズ用アウターとしてとてもおすすめです!日々のお手入れは特に不要ですが、やはり毎日「サイズの合ったハンガーに掛けて」収納したいですね。毎日クローゼットにしまうことができたらなお◎。育児で忙しいのでつい椅子などに掛けっぱなし、、、という状況もつい発生してしまいますが、ハンガーに掛けてクローゼットにしまうだけでも長持ちします。
Q
自分は着れないだけに、キッズファッションが難しい。。コツを教えてください泣
A
コツはずばり「大人も着たくなってしまうようなスタイリング」!おっしゃる通り自分は着れませんが、だからと言って無理やり子ども目線で選ぶのではなく、自分も着たくなるようなアイテムや色使いをぜひおすすめします。子どもの幼い笑顔だからこそ引き立つ、大人なスタイリングが生意気で、きっとセンスアップして見えるはず。大人目線で選べばリンクコーデもしやすくなるので、一緒に楽しんじゃいましょう♪
Q
秋冬に一番着回しやすいアイテムって何ですか?
A
子どもたちは思ったより汗っかきなので、やはり体温調節は気にしてあげたい。ということで、カーディガンはやはり何かと便利です。あまり厚手すぎないものを選んで、アウターのインナーに着ても動きやすいものがおすすめです。MARLMARLのニットカーディガンがすごく便利なので、よくギフトにしています笑
Q
お値段高めのアイテムには手が出しにくいです。。
A
わかります~笑 ただ、値段の高い服は丈夫で機能性も高いので、着る頻度が高いアイテムほど良いものを選ぶようになりました。結果的に、断然コスパが良いです。少しゆったり目でもスタイリング決まるデザインかどうかをポイントに選べば、何シーズンかは着られるので、やっぱり買っておいてよかったなーと思うことが多いです。
Q
子どもはキャラクターを着たがるのですが私は苦手・・・ママと子どもの趣味の落としどころを教えて笑
A
子どもの意思はぜひ尊重してあげたいですよね!おしゃれに興味を持ってくれるきっかけにもなるので、どうか否定はせず受け入れてあげましょう!ただし質問の意図はもちろんよくわかります笑 下着やパジャマなど、お出かけ時には見えないアイテムで思いっきり自由にさせてあげるだけでも、大満足してくれる場合も多いですよ。